Home Sitemap English
header
HOME

ナイトライド・ニュース

深紫外線LEDでのコロナウイルスへの有効性を実証

コロナウイルスに関して、深紫外線LEDによる高い不活化性能を検証致しましたので、ご報告申し上げます。

◆背景

深紫外線LEDによる、大腸菌、黄色ブドウ球菌等の細菌、インフルエンザウイルス、ノロウイルスの不活化に関しては、既に検証済ですが、コロナウイルスの検証は今回が初めてです。

◆使用機材

UV殺菌器 LED PURE SM1

◆実施機関

仙台医療センター ウイルスセンター

◆中間報告

229Eという従来のコロナウイルス50µLの液滴中の460~500個のウイルスが、10cmの距離からUV殺菌器LEDPURE SM1の275nmのUVLEDの光10分間の照射で、ウイルスは検出されなくなり、検出限界(2個)以下になりました。10分で検出限界以下なので、それより長い時間かけても当然のことながら検出限界以下です。どれだけの短い時間で同じ結果になるかについては、今後、追試の予定です。

UV照射あるなしでの実測値

UV照射なしあり
10分9360<40
20分10000<40
30分9360<40
表は濃度単位での表記で約9360ないし10000TCID50/mLの濃度のウイルス液が、検出限界(42TCID50/mL)以下の濃度になったということを示しています。

【4/24補足追記事項】
229Eコロナウイルスに於ける10分未満の不活化実証結果

10分未満での不活化評価試験結果が出ましたので追記致します。
下記データおよびグラフの通り5分で約85%という結果でした。従いまして、UV殺菌器LEDPURE SM1のタイマー時間設定は10分以上にてご使用いただくことをお薦め致します。

グラフ

注意事項:マスクのひだの陰になった部分は深紫外線が届かず、不活化されませんので、よく伸ばし、表・裏に照射して下さい。

BACK TOP

TOP


All Rights Reserved, Copyright© NITRIDE SEMICONDUCTORS .Co.,Ltd.